ASIMOV ROBOTICS 株式会社

image

Information株式会社ビジネス・ブレースクルーからの出資に関する記事がプレスリリースされました

2020年03月13日

ASIMOV ROBOTICS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:藤森恵子、以下「ASIMOV」)は株式会社ビジネス・ブレークスルー(本社 東京都千代田区、代表取締役会長:大前研一、以下、BBT)より、2020年3月13日、スタートアップ起業家支援プロジェクト「SPOF」による出資を受け、プレスリリースにて報告がされましたので、お知らせいたします。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000050615.html

ASIMOVは、CEO藤森のビジネス・ブレークスルー大学大学院(以下、BBT大学大学院)における卒業研究のテーマ「中小企業のためのRPA導入事業」がベースとなっています。

BBT大学大学院は、元マッキンゼーの経営コンサルタントである大前研一氏が学長を務め、起業家精神を兼ね備えたグローバルリーダーを育成することをミッションとした社会人大学院であり、卒業研究では新規事業計画の立案が課題となっていますが、当該新規事業計画は、数年間該当者のいなかった「大前研一学長特別賞」と教授陣が選考する「卒業研究優秀賞」をダブル受賞するという大学院史上初の快挙を達成しております。

また、ASIMOVには、同大学院の同窓生3名(CMO中村忠司、CTO石橋遼、CIO斎藤和也)が参画し、中心メンバーとなる4名全員が、BBT大学院MBA本科の出身という構成となっています。

 

この度、現実に走り出したASIMOVのビジネスがBBTに認められ、2020年3月に第三者割当増資による出資を受けることになりました。

 

RPAは、深刻な人手不足に直面する日本において、働き方改革のKey Driverとして国からも推奨されている一方で、導入に問題を抱える企業も多いとされています。

ASIMOVは、RPA=ITソリューションという常識にとらわれず、公認会計士である藤森の内部統制構築ノウハウを活かすことで、単なる自動化ツールではなく、効率化を目的とした業務改善の「きっかけ」として活用するというアプローチで注目を集めています。

また、RPA導入をアウトソーシングで受託するという手法は、これまでIT人材が育成できないことで導入を諦めていた中堅・中小企業に対し、新たなソリューションとして広がりを見せています。

 

プレスリリースはコチラ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000050615.html